ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Diary/ゴルフ日記

ゴルフ上達のための今日のつぶやき(3)

 ここでは、管理人が日々ゴルフの練習に励む中で、気がついたチェックポイントや課題など、ゴルフノートに書き留めているコメントを何かのヒントになればと思い紹介します。本当にゴルフは難しい。日々これ精進。生涯練習だね!!

この一週間、素振りをしても痛みが出なかったので、今日2か月半ぶりに練習場へ。ウェッジ中心にゆっくり軽く50球。痛みも出ずにほっとする。やはりボールを打つと気持ちいい。

だいぶ良くなってきたので、2か月振りにドライバーで軽く素振りをしてみたが、少し肩が痛い。まだ無理かも。

だいぶ痛みがなくなったので、久しぶりに軽く素振りをしてみた。大丈夫そうだけど再発しそうで怖い。少しづつ慎重に。でも早くゴルフがしたい。

頚椎症性神経根症になってから約一か月。まだ肩に少し違和感があるがだいぶ楽になったので軽いストレッチを再開。首の影響で色々な動きが制限される。焦りは禁物、気長に治そう。

昨日から痛み止めの服用をやめた。やめると少し痛みを感じる。

肩から肘にかけての痛みは、痛み止めのおかげでかなり楽になった。それと首のカラーをしていると楽でいい。今日病院に行ってまた痛み止めを処方。今回から痛み止めは1種類でリリカOD錠のみ。あと1週間服用するように言われる。完治まではかなり時間がかかると言われた。

1週間以上経っても肩から腕の痛みが治らないので、病院へ。診察の結果、原因は肩ではなく首で、病名は、頚椎症性神経根症。首の頸椎が神経を圧迫していることが痛みの原因らしい。しばらくは痛み止め(リリカ、オーハラ)と首のサポーターで治療。当然ゴルフ禁止。

三菱電機レディース観戦。この大会の観戦は、3年連続4回目。今回は、いろんな選手を見る。やはり畑岡奈紗選手がいい球を打っていた。

昨日の練習後、肩を痛めたらしく、肩から肘にかけてかなり痛い。昨日の夜は、痛くて寝返りもうてなかった。クラブを持たずにアドレスの格好も痛くてできない。これはかなりまずいかも。

ドライバーが振れなくなっていたのでチェック。膝を曲げ過ぎていたことを発見。膝を伸ばし気味にして背筋を伸ばしたら、体が回りやすくなり距離&正確性ともにUP!!

知らぬ間にアドレスで、上半身(特に腕)が力むようになっていた。グリップの力を抜いてアドレスするとヘッドが安定して走るようになった。

アドレスで、ハンドアップになりすぎていたのでハンドダウンを意識していたら、膝を曲げすぎてダフリ気味になっていた。膝を少し伸ばしたら解消してヘッドがきれいに入るようになった。

少しハンドアップになっていたので少しグリッブの位置を下げて修正。フェースの向きもかぶらなくなって方向性もよくなった。

ヘッドが走らない。いろいろチェックしてみたら、切り返しが速くなっていてタメが十分できていなかったからと判明。トップで一瞬止めるようにしたらヘッドも走り安定して打てるようになった。

ウェッジのグリップを太くした。螺旋巻3重。しっかり振れるからか弾道が高くなった。

最近テークバックが窮屈になってきたのでアドレスで、右つま先をもう少し開いた方がいい。35度位?

アドレス、右手を伸ばして、左肩少し前に出すとしっかりハンドファーストに構えられる。つま先体重も忘れずに!

アドレスで、右肘を伸ばした方がハンドファーストに構えやすくフェースもスクエアに合わせやすいかも。

アドレスでもう少し両つま先を広げた方が安定していい。

グリッブの左手部分を太くしたらかなりいい。グリップがゆるまないので安定していて、そして力まず振れる。もう少し太くしてもよさそうなので今度は左手5重巻を試してみよう!



<前へ   1   2 3 4   5   6   7   8   9   10   11   12   次へ>

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.