ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Lesson/ショット練習

ゴルフレッスン/ショット練習記事一覧(6)


練習場の打席の位置
ゴルフ練習場の打席の位置について(右側・左側)練習する上で練習場の打席の位置も大切である。その時の練習の課題によって位置を選んだりすると非常に効果的になる。基本的には、ある程度のレベルになると、フェードヒッターは、左の空間が広く取れる右側が打ちやすく、ドローヒッターは、逆に右の空間が広く取れる左側が <続く・・・>


練習場での練習方法
皆さんは、練習場でどんな練習をしていますか?ただやみくもにただ漠然とボールを打っていませんか?いいボールが出たら、「よし!ナイスショットだ!」。当たり損ねだと「チキショー!」。なんて、繰り返していませんか?練習もただ漠然とボールを打ってるだけでは上達しません。せっかく時間とお金を使って練習場に行って <続く・・・>


練習場のボールについて
練習場のボールは、飛ばない。一般的に練習場のボール(レンジボール)は、コストと耐久性の問題で練習場専用のボールが使用されています。このレンジボールは、通常のゴルフボールとは違いワンピース構造となっていて性能的にかなりの違いがあります。その1つ目が、飛距離。レンジボールにもいろいろ種類がありますが、大 <続く・・・>


効果的な素振りの練習方法
ゴルフ上達のために素振りしてますか?野球やテニス、卓球、剣道など、道具を使うスポーツでは、素振りは上達のために必要な練習方法です。もちろん、ゴルフでも非常に有効な練習方法です。しかし、素振りを練習に取り入れている人は意外と少ないように感じます。練習場には行くけど、素振りはしないという人は多いのではな <続く・・・>


練習場の広さについて
練習場は広い方がいい?皆さんは、練習場は広ければ広いほどいいと思ってませんか?例えば、距離が80ヤードと250ヤードの練習場があった場合、料金が同じならば、皆さんはどちらの練習場を選びますか?ほとんどの方は、250ヤードの練習場を選ぶのではないでしょうか。なぜなら、飛距離やボールの曲がり具合もわかる <続く・・・>


練習場でのその他の注意点
スパイクはやめよう練習場で、スパイクを履いて練習をしている人を見かけるが、個人的にはNG。なぜかと言うと、練習場のゴムマットの上では、スパイクだと足元が高くなってしまうから。ラウンド時だと、大体が芝生の上から打つ。芝生の上からだと、当然足元は少し沈んで、ボールは少し浮く。さらにスパイクだと鋲が地面に <続く・・・>



1
スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.