ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

力みの原因は、グリッププレッシャー

ゴルフにとって「力み」は大敵。

ダフリ、トップ、引っかけ等々、ミスの大半は、この「力み」が原因と言っても過言ではありません。

そして、この力みは、飛距離にも悪影響を与えます。

力むことによって、ヘッドが走らないのです。

初心者では、よくこの「力み」を指摘されるように、「力み」を取ることが上達の第一歩と言えます。

また、上級者やプロでも飛ばそうと思ったり緊張した場面では「力み」が出る場合があります。

この「力み」ですが、力まないようにしようとしてもなかなかできません。

力んでいることは、頭ではわかっているのだが、いざ力を抜こうとしてもどこの力を抜いたらいいのか、最初のうちはわからないのです。

しかし、この力みを簡単にとる方法があります。

それは、グリップの力を抜くこと。

個人的には、「力み」=「グリッププレッシャー」だと思っています。

握力測定の時のように、手を強く握ってみるとわかりますが、グリッププレッシャーを上げると、手首、腕、胸の筋肉が使われて硬くなります。

グリップを強く握ってしまうと、自然と上半身に力が入ってスムースな動きができなくなってしまうのです。

だから、初心者や緊張した場面や飛ばそうと思ったときは、意識的にグリップを握る力を弱めれば力まなくなるのです。

「力んでるな」「緊張しているな」と思ったら、グリッププレッシャーをチェックして、グリップの力を抜いてみましょう。

そう意識することで、本来のスイングができてミスが大分減ると思います。

グリップは、「できるだけゆるく握る」が基本です。

ただし、短いアプローチなど飛ばしたくない時は、意識的に強く握ることもあります。

詳しくは、「グリップを握る強さについて」もご覧ください。


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.