ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

フック・引っかけが止まらない時の対処法

ラウンド時に突然球筋が意図しないフックになったり、引っかけが出てしまう時があります。

たまたま1球だけならまだいいですが、それが続いて止まらなくなる時があります。

練習時ならまだしも、ラウンド時になってしまうとスコアは大きく崩れゴルフにならなくなります。

特にドライバーは、最悪チーピンが出たりしてせっかくのゴルフが全然楽しくなくなってしまいます。

一般的なフックの原因は、グリップ、アドレス、スイング軌道などいろいろありますが、いつもはフックしないのに突然フックが止まらなくなってしまう原因のほとんどは、ダウンスイングでいつもより身体が回らなくなっているからです。

その日の体調や、ラウンド後半の疲れなどで腰や股関節などの下半身の柔軟性が落ちて、身体が回らなくなってしまい、左への体重移動が十分にできずに、インパクトゾーンで手が早く返ってしまっていつもよりフェースが閉じてフックや引っかけになっしまうのです。

そういう時は、ストレッチをして回復すればいいのですが、なかなかそうはいきません。

そこで簡単にフック・引っかけを修正する対処法をご紹介します。

それは、いつもより体が左に回りやすいアドレスに変更することです。

そう、アドレスを変えるだけです。

スイングなどは全く変えません。

具体的には、

●対処法1
・左のつま先をいつもより少し開く。
左のつま先をいつもより開くことで、左に回りやすくなります。ただし、あまり開きすぎると今度は右に回りづらくなりテークバックが浅くなってしまうので注意が必要です。

●対処法2
・スタンスをいつもより少し狭くする。
スタンス幅を狭くすればするほど体は回りやすくなります。ボール1個分くらい狭くするだけでかなり回りやすくなります。

個人的には、対処法2のスタンス幅を少し狭くする方が、あまり違和感がなくおすすめです。

ラウンド中に、「今日は疲れているな」とか「体が動かないな」と感じて、急にフックや引っかけが出始めたら、上記の対処法を試してみてください。

もしかしたら、修正できるかもしれません。

また、これは、いつもフックで悩んでいる人にも効果があるかもしれません。

ぜひお試しを。



ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.