ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Lesson/フィジカル

腰痛予防ストレッチ

腰痛に悩まされているゴルファーは多いのではないでしょうか。

そういう自分もその一人(だった?)。

実は高校時代(40年近く前/笑)に、椎間板ヘルニアになってから腰痛とは長い付き合いで、時々痛くなっていた。

今までまったく身動きができなくなった激痛も3回ほど。

この腰の激痛は、経験したことのある人でないとわからないと思うが。寝た状態でも、首も動かせないほど辛いのである。

だから、腰のメンテナンスは人一倍気をつけているので、毎日ストレッチをして、週3回腹筋、背筋などの筋トレをしている。

もちろん、ゴルフの練習やラウンドの前後にも入念なストレッチをしている。

ただ、それでも無理をしすぎたり、季節の変わり目など時々ゴルフができない位の腰痛が発生していた。

そんな時、ネットで腰痛に効くストレッチを調べていたら今までしていなかったストレッチを発見。

それがこれ。

腰・背筋を伸ばすストレッチ

腰痛予防ストレッチ_1
★仰向けに寝て、両手で両ひざを抱え込み10秒ほど保つ。
この時、頭もあげる。そして息を吐きながらゆっくりと元にもどす。
コレを2~3セット。

このストレッチを取り入れてから3年ほどになるが、腰の状態が非常にいい。

今のところゴルフができないほどの腰痛は一度もなくなった。

毎日のストレッチのメニューに加えてやっているが、少しでも腰が張っていたりした時には必ずやっている。

とにかく、このストレッチは、すると気持ちがいい。

腰痛の人は、ぜひこのストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

ただし、痛みが強い時などはしないほうがいいと思うので。あくまでも自己責任でお願いします。

あとは、いつもやっている他の腰のストレッチを紹介します。

これも自己責任で。

ひずみを取るストレッチ

腰痛予防ストレッチ_3
★仰向けに寝て、息を吐きながら右手と左足を思い切りゆっくり伸ばす。
今度は反対の左手と右足を思い切りゆっくり伸ばす。
2セットずつ
※この時良く伸びるほうがあれば、骨盤や背骨が曲がっている証拠。

腰の捻転ストレッチ

腰痛予防ストレッチ_2
★仰向けに寝て、両ひざを立てる。両肩が床から離れないようにして、両ひざをゆっくり真横に倒す。倒した状態で、10秒程静止。左右それぞれ2回ずつ

上体を反らすストレッチ

腰痛予防ストレッチ_4
★うつぶせになり、両腕で支えながら、ゆっくりと上体を起こして腰をそらし、5秒ほど静止して元にもどす。


それと、腰痛予防と体のバランスを保つために、練習やラウンドが終わった後に必ず、逆の左での素振り(自分は右打ちなので)をしている。

これも、腰痛予防に役立っていると思う。

ストレッチはトレーニング肘・手首痛予防ストレッチ

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.