ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/ゴルフ用品

太いパターグリップの落とし穴

ここ最近パターのグリップは、ツアープロからアマチュアまで、スーパーストロークに代表される太いグリップを使用する人が多くなっている。

人気の理由は、手首を使いすぎず、ストロークが安定するから。

自分も、3年ほど前から、太グリップに変えてやっていた。

当初はやはり、手首が固定されるので自然と肩でのストロークができるのでいいなと思い使い続けていたが、パット数はそれほど良くならずに、逆に悪くなっていった。

確かにストローク自体は、安定していていいのだが、ショートするミスが多くなった。

いわゆる、「打ち切れない」ことが多くなってきた。

打ち方の問題だと思って練習しても、いざラウンドになると「打ち切れない」のである。

そして、しばらくしてから気がついた。

自分は、どちらかと言うと、指先が器用な方で、ショットも手首を使うタイプ。

微妙なタッチは、手首を使った方が出しやすい。

ということは、太いグリップは、自分にとっては逆効果??

そこで、グリップを細いものに変えてみた。

結果は、大正解!!

ショートするミスは激減してパット数も向上。

なにより、自然に打ててボールの転がりも良くなった。

ツアープロでも、全員が太いグリップを使っているわけではなく、細いグリップを使っているプロも多くいる。

要は、自分のタイプにあった太さを選ぶことが大切。

太いグリップを使っていて、パットがショートするミスの多い人は、グリップを細くしてみては?

逆に、オーバーするミスが多く方向性の安定しない人は、太いグリップにした方がいいかもしれない。


■楽天市場・Yahoo!ショッピング 「パター グリップ」最安値
楽天市場
Yahoo!ショッピング
【ゆうパケット対応商品】 /レビュー12件
¥216
ゴルフショップ フジコでパターとパターグリップを同時購入された方のみ、パターグリップ交換工 /レビュー7件
¥1


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.