ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Lesson/ショットの基本

グリップを握る強さについて

グリップを握る強さはとても大切

ゴルフクラブと人との唯一の接点のグリップ。

グリップの握り方やスイングは、目で見てわかりますが、このグリップの握る強さは見た目ではわからないので何も意識しないで握っている人もかなりいると思います。

しかし、握り方もゴルフでは大切ですが、握る強さもとても大切なんです。

なぜならグリッププレッシャーは、ショットに影響を与えるからです。

ショットにより握る強さは変わる

ゴルフのグリップを握る強さについてはよく、「できるだけ軽く握る」と言われます。

これは本当でしょうか?

これは、グリップをガッチガチに強く握ってしまっている初心者や初級者には、いいアドバイスです。

グリップを必要以上に強く握ってしまうと、腕や上半身の筋肉が硬くなってうまく体が使えなくなるからです。

しかし、「グリップはできるだけ軽く握る」というアドバイスは、個人的には、半分正解で半分間違っている思います。

この場合の正解は、条件を付けて「ヘッドスピードを上げたい時はできるだけ軽く握る」だと思います。

個人的な考えとしては、グリップを握る強さは、手首を使ってヘッドを走らせたい時は、軽めに握って、手首を使いたくない時は強めに握るのが正解だと思います。

例えば、ドライバーやアイアンのフルショットで飛ばしたい時やロブショットなど高い球を打つときは、手首を使った方がよいので軽めに握る。

逆に、ショートアプローチやパンチショット、コントロールショットなど、距離を落とすときや低い球を打つ時は、手首を使わない方がよいので強めに握る。

打ちたいショットにより意識的にグリッププレッシャーを変えられればゴルフはもっと上達すると思います。

さらに、打ちたい球筋で自然とグリッププレッシャーを調整できるようになれば更なる上達間違いなし。

もしかしたら、今までドライバーショットが飛ばないと悩んでいる人は、グリップを今よりゆるく握れば20ヤードくらい伸びるかもしれません。

また、ショートアプローチで、手首を使いすぎて、ダフリやトップ、または、すくい打ちによってボールが高く上がってしまってランニングアプローチができない人は、グリップを今より強く握ることで手首が固定されて安定したアプローチができるようになるかもしれません。

ぜひ試してみてください。

ではどれくらいの強さで握ればいいか?


それは個人差があるので一概には言えないので、いろいろ試してみて、自分のグリップの握る強さの基準を作ることが大切です。

パターの握る強さは?

パターについても、グリップを握る強さはとても大切です。

以前一緒にラウンドした人にこういう人がいました。

朝の練習グリーンですることは、その日のパターのグリッププレッシャーを決めることだと。

どういうことかというと、その日のグリーンの速さによってグリッププレッシャーを変えて距離感を合わせていると。

パターも、強く握ることで飛ばなくなるので、グリーンが速い日は、強く握って、遅い日はゆるく握る。

グリッププレッシャーを意識的に変えて距離感を合わせる方法もあるんだなとすごく勉強になりした。

また、バーディーパットや緊張する場面では、なかなか思うようにパッティングできません。

これは、知らないうちにグリッププレッシャーが強くなったせいで、からだがいつもより硬くなってスムーズにストロークできないのが原因。

それを防止するために、日ごろからグリッププレッシャーを意識することやいろいろなグリッププレッシャーでパッティング練習をすることが大切になってきます。

また、パットの距離によってグリッププレッシャーを変える方法もあります。

ロングパットは、ゆるく握って転がりをよくして、ショートパットは強く握って方向性をよくします。

日頃からグリッププレッシャーを意識しよう!

とにかく大切なのは、日頃からグリッププレッシャーを意識することです。

まずは、練習で、ゆるく握ったり、強く握ったりしていろいろなショット、パットをしてみましょう。

きっと新しい発見があるはず。

グリッププレッシャーは、目に見えないものだからこそゴルフ上達には非常に大切なものです。

ロングサムとショートサムアドレスの膝の曲げ方

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.