ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Rule/ゴルフルール

ティーイングエリアのゴルフルール

ティーアップされたボールが素振りやワッグルで落ちてしまった

罰打 0 場所 ティーイングエリア
処置 ティーアップし直して打つことができる
解説 ティーアップしただけで、まだ打っていないボールは、まだインプレーではないので動かしたり落ちたりしても罰はありません。ただし、空振りをして、その風などによってボールがティーから落ちた場合は、インプレーになりますのでそのままの状態から第2打目になります。


ティーマーカーのラインから前にはみ出してショットした

罰打 2 場所 ティーイングエリア
処置 そのボールは無効となり、正しい場所から打ち直す
解説 ティーショットができるエリアは、2つのティーマーカーの前側を結んだラインから2クラブレングス後方のエリアまで。このエリア外からティーショットを打った場合は、2打罰になります。ティーイングエリアの区域外から打ったボールはインプレーにはならないので打数には含まれません。従ってティーイングエリアの区域内から第3打として打ち直します。打ち直さずそのままプレーをした場合は競技失格になります。


ティーショットがOB(アウトオブバウンズ)になってしまった

罰打 1 場所 ティーイングエリア
処置 他の競技者が打ち終わった後に打ち直す
解説 OBになってしまった場合は、最後にプレーした場所にできるだけ近くホールに近づかない場所から1打付加して打ち直します。その場所がティーイングクラウンドの場合は、再度ティーアップする事ができます。その他の場所の場合はドロップします。


暫定球宣言をしないで暫定球を打った

罰打 1 場所 ティーイングエリア
処置 その前に打ったボールは放棄して、1打罰としてそのボールでプレーを続ける
解説 打ったボールがOBや紛失の可能性のある場合は、プレーヤーの判断で暫定球を打つことができます。この時、必ず同伴競技者に暫定球を打つ事を宣言しなければなりません。暫定球宣言をしないで暫定球を打った場合は、前打は自動的に放棄されたとみなされ、1打罰で暫定球にてプレーしなければなりません。暫定球を打つ場合は、必ず「暫定球を打ちます」と、はっきり宣言しましょう!!


ティーショットの順番を間違えて打ってしまった

罰打 0 場所 ティーイングエリア
処置 問題なし。プレーはそのまま続行。
解説 ティーショットは、スタートホールはクジなどで決めて、それ以降はスコアの良かった順に打ちますが、打順を間違えたとしてもペナルティはありませんし、やり直す必要もありません。プレーはそのままで続行です。しかし、順番を間違えられた方はいい気持ちはしませんので、一言謝るのがマナーです。


ティーマーカーが邪魔だったので移動させてティーショットを打った

罰打 2 場所 ティーイングエリア
処置 2打罰でティーマーカーを元の場所に戻しプレーを続けます。
解説 ティーマーカーは最初のストロークをするまでは固定物とみなされますので、邪魔になるからと抜いたり動かすことは出来ません。暫定球や打ち直しの場合も同様です。ティーショットを終えた後は動かせるようであれば『動かせる障害物』、動かせないようであれば『動かせない障害物』として、救済を受けることが出来ます。


チョロしたボールがティーマーカーの近くに止まったのでティーマーカーを動かして打った

罰打 0 場所 ティーイングエリア
処置 問題なし。プレーをそのまま続ける。
解説 ティーショット以外でティーマーカーがボールを打つのに邪魔なときは、動かせる障害物として移動させることができます。動かせないようであれば『動かせない障害物』として救済を受けることが出来ます。もし動かした場合は元の位置に戻すのを忘れずに!!


違うティーイングエリアから打ってしまった

罰打 2 場所 ティーイングエリア
処置 規定のティーイングエリアから打ち直す
解説 規定のティーイングエリアの区域外から打った場合は2打罰で規定ティーイングエリアから打ち直します。ただし、規定のティーイングエリアの区域外から打ったボールはインプレーにはならないので打数には含まれません。従って規定のティーイングエリアから第3打として打ち直します。次のティーイングエリアからティーショットを打つ前(最終ホールではグリーンを離れる前)に打ち直さなければストロークプレーの場合は競技失格となります。


違うティーイングエリアから打ったボールがOBになってしまった

罰打 2 場所 ティーイングエリア
処置 規定のティーイングエリアから打ち直す
解説 規定のティーイングエリアの区域外から打ったボールはインプレーにはならないので、この場合のOBに対する罰打は無く規定のティーイングエリアから第3打として打ち直します。次のティーイングエリアからティーショットを打つ前(最終ホールではグリーンを離れる前)に打ち直さなければストロークプレーの場合は競技失格となります。


ティーイングエリアを足でならしてからティーアップして打った

罰打 0 場所 ティーイングエリア
処置 問題なし。そのままプレーを続ける。
解説 いわゆる「ライの改善」ですが、ティーイングエリアの区域内は地面の凸凹などを直したり、砂や土を盛り上げてその上にボールを置き打つことも認められています。1打目をチョロしたりして球がティーから転がり落ちたような場合でもティーイングエリアの区域内であればその球の前後の凹凸を直しても罰はありません。


1  

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.