ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/シャフト

KBS TOUR(ツアー)S試打

以前から気になっていたKBSのアイアンシャフト。

先日、KBS TOURのSが挿してある、安いアイアンセットを試しに買ったので今日練習場で打ってみた。

KBS TOUR(ツアー)試打_1

KBS TOUR(ツアー)試打_2
KBS TOUR S カット前重量:120g カット後重量:約110g


まず最初に、ワッグルした感じは、とても硬い。

振動数を調べてみると、5Iで、330cpm。

これは結構硬い。

ちなみに、ほかのメジャーなシャフトの5Iの振動数は、

・ダイナミックゴールド(S200) 318cpm
・ダイナミックゴールド (X100) 332cpm
・ダイナミックゴールド120(S200) 319cpm
・ダイナミックゴールド120(X100) 335cpm
・ダイナミックゴールドXP(X100) 332cpm

・NS.Pro950GH(S) 314cpm
・NS.Pro1050GH(S) 314cpm
・NS.Pro1150GHTOUR(S) 323cpm
・NS.Pro Modus3 Tour 120(S) 308cpm
・NS.Pro Modus3 Tour 120(X) 320cpm
・NS.Pro Modus3 Tour 120(TX) 331cpm



振動数的には、ダイナミックゴールド (X100)と、NS.Pro Modus3 Tour 120(TX)と同じくらい。

早速実際に打ってみると、手元と先端が少し柔らかいので振動数のわりにしなりを感じる。

ただ、中間部はかなり硬そうなので、全体をしならせるためには、ある程度のヘッドスピードが必要だと思われる。

個人的な感覚だと45m/s以上は必要かと。

弾道は結構高い。

このシャフトは、手元と先が柔らかく中間部が硬くなっているので、振動数のわりに切り返しでしなりを少し感じて、インパクトゾーンではヘッドが走って弾道が高くなる感じである。

現在、自分の使っているシャフトは、ダイナミックゴールドXP(X100) 。

これと比較すると、粘り感もあるが、ダイナミックゴールドと比較すると全く異なる特性のシャフトだと思われる。

またこのシャフトは、バランスが出難いので、手元側に重さを感じる。

結構好き嫌いのはっきりするシャフトだと思います。

興味のある人は、まず試打をした方がいいですね。


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.