ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/ゴルフ練習場

スイング作りには狭い練習場の方がいい!!

皆さんは、ゴルフ練習場は広いほど良いと思っていませんか?

自分も以前は、そう思っていました。

飛距離もわかるし、ボールの曲がり具合もわかる。

そして何より、気持ちがいい。(笑)

でも、待ってください。

練習場に行く目的は何ですか?

もう一度聞きます。

練習場には、何の為に行くのですか?

そう、多くの人はゴルフを上達させる為ですよね。

ゴルフ上達のために必要なのは、芯でボールを打つ為のいいスイングを身につけること。

いわゆるスイング作りが大切なのです。

そのために、素振りをしたり練習場でボールを打ったりするんですよね。

このスイング作りのためには、実は広い練習場より狭い練習場の方がいいのです。

なぜなら、練習場が広いと、どうしても飛距離と球筋が気になって、知らず知らずのうちにもっと飛ばそうと力んでしまうからなんです。

まして、練習場のレンジボールは、通常のボールよりも、飛ばないし、高さも出ないので余計に力んでしまうのです。

この「力み」。

あらゆるスポーツなどでも、この「力み」は決して良い結果を生みません。

特にゴルフでは、大敵です。

いいスイングを身につけるためには、この「力み」をなくすことが一番大切といっても過言ではありません。

その点、狭い練習場なら、飛距離も気にならずに、力を抜いて、スイング作りに集中できるのです。

ハーフショットの練習なども、ターゲットが絞りやすくてやりやすいのです。

方向性やボールの高さなどは、練習場の距離が50ヤードもあれば大体わかります。

無理して、広い練習場に行っていた方は、騙されたと思って狭い練習場でボールを打ってみてください。

恐らく、いつもより力まないスイングができるはずです。

自分も、200ヤードの練習場から70ヤードの練習場に変えてから、力まなくなってスイングもスコアも安定しました。

無理して、料金が高くて遠い、広い練習場に行っていた人は、安くて近い、狭い練習場で、お得にスイング作りをしてください。

ゴルフは、決して飛ばす競技ではなく、あくまでもターゲットスポーツだという事を忘れずに!!

★本日のゴルフ標語

「飛ばそうと 力んだ時から 崩れだす スイングフォームと ラウンドスコア」 


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.