ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Diary/ゴルフ日記

ゴルフ上達のための今日のつぶやき(7)

 ここでは、管理人が日々ゴルフの練習に励む中で、気がついたチェックポイントや課題など、ゴルフノートに書き留めているコメントを何かののヒントになればと思い紹介します。本当にゴルフは難しい。日々これ精進。生涯練習だね!!

あまり背中を反らさないで前傾を保つ。胸でボールを見る感じがよい。

グリップ左足太もも前。ショートサム。ハンドダウン。両手をくっつけてしぼる。両腕の距離を短くすると両腕の一体感が生まれる。

パター、グリップエンドを中心に円運動させるように打ったほうがいい。

左脇締める。スタンス狭く。左つま先開く。右足少し下げて腰のラインをスクエアに、グリップゆるく。ボールを上から見る感じで前傾をしっかりとり前体重。

番手毎飛距離再確認。1W-250y 3W-225y 5W-210y UT21-200y 4I-185y 5I-172.5y 6I-160y 7I-147.5y 8I-135y 9I-122.5y PW-110y 52°-95y 58°-80y

ラウンド。エヴァンタイユ。スタンス幅狭くして、右足を少し下げるとOK。グリップの位置を左足太もも前にして構えるとしっかり振れてつかまったいい球が出る。

スタンス幅をもう少し狭くする。

前傾が深くなりすぎているようなので、もう少し浅くして、グリップの位置は体に近づけたほうがいい。

左手のグリップは、手のひらを下に向けてもう少しストロングにした方がいいかも。

アドレスでは、グリップは本当に軽く軽く握る。

グリップは、必ず柔らかく握る。フェースをオープンにして構えるといいかも。

トップがオーバースイングになっている。恐らく手で上げてしまっているので左脇をしっかり締めて体をしっかり回してトップを作ろう!!グリップの位置を体から離して少しハンドアップにしてボディーターン。

アドレス、もう少しハンドダウンでグリップを体から離して懐を深くして前体重で構える。グリップと体の間隔は拳2つ分。脇を締めてそのままテークバック。

グリップの位置は、必ず左太もも前。

フォローで胸をしっかり飛球線に向ける。

もう少しボールの位置を体に近づけるとフェースがかぶらなくなっていいかも。

グリップは、両手とも指先でつまむ感じがリストを使えていい。
左手の人差し指がちょうどグリップの下に来るようにする。ショートサム。
ドライバーやFWは、アドレスでフェースを少し左を向けたほうがつかまったボールが出ていい。

両つま先を開き、脇を締めて、グリップを絞る。

グリップ、脇を締めて肘をくっつける感じで両手の指先をくっつけて握るとリストが使えていい。

全番手、短く持ってハンドファーストに構える。



<前へ   1   2   3   4   5   6 7 8   9   10   11   次へ>

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.