ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Lesson/ショットの基本

アドレスの膝の曲げ方

膝をしっかり曲げる?あまり曲げない?

アドレスのレッスンで、時々聞くのが、「膝をしっかり曲げて、下半身を安定させる」である。

これは、本当に正しいのだろうか?

個人的には、正解であり不正解だと思っている。

それは、膝をしっかり曲げた方がいいタイプと、あまり曲げない方がいいタイプがあり、人それぞれだからである。

自分は、後者であり、膝を深く曲げると体の回転が制限されてしっかり打てず距離も極端に落ちてしまう。

だから、「膝をしっかり曲げて・・・」のアドバイスは、自分には不正解である。

個人的な見解だが、いろいろな人のアドレスを見てみると、例えば芹澤信雄プロのように膝をよく使って体重移動をするスイングをする人は膝をしっかり曲げていて、膝をあまり使わずその場の回転でスイングする人は膝をあまり曲げていないように見える。

膝を使いたいから深く曲げているのか、深く曲げているから膝を使っているのかは不明だが。



自分に合った膝の曲げ方を見つけよう!!

では、自分に合った膝の曲げ方を見つける方法は、あるのだろうか。

それは、すばりいろいろな膝の曲げ具合で打ってみることであるが、まずは素振りで確認。

最初は、膝を曲げずに突っ立った状態から振ってみて、段々膝を曲げて振っていって一番ヘッドが走る曲げ具合を探ってみよう。

もしかしたら、膝の角度を変えただけでスイングが劇的に変わり飛距離も伸びるかもしれない。

一般的には、つま先体重のタイプは、あまり曲げない方がよく、かかと体重のタイプは、深く曲げた方がよいと言われる。

あるサイトに書かれていた、つま先体重タイプと、かかと体重のタイプの見分け方を紹介すると、

壁に、頭(後頭部)と背中とかかとをつけたまま、一気につま先立ちした時に、後頭部が壁から離れることなくつま先立ち出来た人は「つま先寄り重心位置タイプ」。逆に後頭部が壁から離れて、頭が前方へと移動した人は「かかと寄り重心位置タイプ」らしい。

ぜひ確認して、自分に合った膝の曲げ方を見つけてください。

個人的には、体重移動を使ったスイングを目指す人は、しっかり曲げて、あまり体重移動は意識せずにその場の回転で打つスイングを目指す人は、あまり曲げない方がいいと思う。

ロングサムとショートサムつま先の向きで何が変わる

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.