ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Diary/ゴルフ日記

ゴルフ上達のための今日のつぶやき(10)

 ここでは、管理人が日々ゴルフの練習に励む中で、気がついたチェックポイントや課題など、ゴルフノートに書き留めているコメントを何かのヒントになればと思い紹介します。本当にゴルフは難しい。日々これ精進。生涯練習だね!!

アドレス、もう少し手を体から離してみよう。

パター、グリップ力を抜く。そうすると上半身も力が抜けて自然にテークバックできる。

左手の甲が飛球線に向くようにグリップして力を思い切り抜いて構える。

腰のバンプを確認!

アドレス、肩甲骨をあまり開かずに、力を抜いて肘にもゆとりを持って構えること!!

パター、打つ時は、ボールの打点をしっかり見ると芯に当たる。

パターは、ボールを真上から見下ろすように顔と地面を平行にするように首を曲げて頭を下げたほうがいいかも??

アドレス時、両つま先をしっかり開いた方がどっしりしていい。

アドレスして、フェースが左を向く時は、右肩を下げてみよう!!

パター練習は、1mの距離を徹底的に練習しよう。コースの練習場では、曲がる1mラインも練習しよう!!

パターは、しっかりフォローを出す。テークバックは小さくフォロー大きく。

やはりFWは、ハンドダウンににして軽く振ること!!この3日間は完全休養したら今日は調子がいい。やはり練習のいすぎはだめ。アドレスでは、グリップの力を思い切り抜くこと。アイアンはトップブレードをターゲットに合わせた方がよい。

思い切り腕の力を抜いて構える!!

パター。前体重。少し手首を使ってアッパー気味にインパクトした方が順回転がかかりころがる!!

練習場。両つま先開いて正解!!特にアイアンが振れる!!あと、全体的にハンドダウンで構えるといい!!ゆっくりテークバック。

パターは、背筋を伸ばして、肘も伸ばしたほうがいいかも。パターもスタンスハの字のほうがいいかも。

アドレス、スタンス、つま先は、ハの字(左右とも同じくらい開く)の方がいい。

テークバックで右足を動かさない。アイアン、特にウェッジ。グリップの力を抜く。

ピン型パターの打ち方。
ボールは真ん中。目のラインより1つ外側。ボールの1~2cm後方でハンドファーストにフェースを合わせてから打つ。
右脇を締めて、足は動かさずにゆっくりテークバックしてフォローを出す。

グリップは、本当に軽く握る。ピン型パターは、右脇を締める。



<前へ   1   2   3   4   5   6   7   8   9 10 11   12   次へ>

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.