ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Diary/ゴルフ日記

ゴルフ上達のための今日のつぶやき(11)

 ここでは、管理人が日々ゴルフの練習に励む中で、気がついたチェックポイントや課題など、ゴルフノートに書き留めているコメントを何かのヒントになればと思い紹介します。本当にゴルフは難しい。日々これ精進。生涯練習だね!!

その場で回るようにテークバックした方が、肩がよく回ってよい。スウェイしない。◎両脇を内側に必ず締めてアドレス。FWは、ハンドアップにする。

ピン型パターは、ボールを真ん中より1つ分左足よりに置いてハンドファーストに構えてゆっくりストロークする。少し右肩を下げる。

グリップは、左太もも前。やはりドライバーは、SRのほうがいい。そうするとFWは、Proforce V2だとハードすぎるので、SHⅢにしよう。ボールはすべて左かかと内側ボール1つ。左腕を締めて左胸の上に乗せてアドレス。

腕をしっかり前へ伸ばしてアドレス。立ちすぎないようにしっかり前傾。

昨日のラウンド79!!かなりよくなってきている。アドレス両膝を必ず曲げる!特に左足。ハンドダウン。ウッドもアイアンのように構えたほうがよい。パター、両つま先をまっすぐ平行にする。必ず!

ボールが体に近すぎていた。かかと体重はだめ。必ず前傾をして膝を曲げて前に体重をかけてアドレスする。というより少し手を体から離すようにするほうがいいかも。

ハンドダウン。ショートサム。短く持つ。

クラブは必ず短く持つ。

アドレスで両脇をしっかり締める。胸の上に腕を乗せる。

エヴァンタイユゴルフクラブラウンド。やはり今までアドレスで左肩が開いていた。スタンスを平行に合わせて左肩が開かないように左ひざを曲げるか、左肩を引く。スパットを見つけてフェースを合わせてみよう。スイングはスタンスと平行。グリップは軽く!!

右手のグリップは、下から手を当ててフックグリップにする。体重は50:50。

パターの構えは、合掌型、両脇を開いて五角形の形を作ったほうがいい??

テークバックは、ゆっくりする。そのリズムでダウンスイング。決して打ち急がない。

あまり前かがみにならない方がいい。背筋を伸ばして少し立ちぎみのほうが安定する。

アドレスで、右手のグリップでフェースを合わせた方がいいと思う。今度要確認。

操作性を上げるなら、スイングバランスは軽くする。今度、アイアンの鉛をはがしてライン出しのショットをしてみよう!!

全番手右肩を下げる。

グリップの力を抜いてヘッドを地面から浮かせて少しハンドアップでアドレスすること。
グリップの力を抜く!!

もう少し、ボールを体から離す。
右手グリップもっとストロングにする。肘が腹に当たるように。

左肩が開いているので気をつける。



<前へ   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10 11 12   次へ>

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.