ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

ボールの前後の位置気にしてますか?

地面にあるボールを打つゴルフにとってアドレス時のボールの位置はとても重要です。

しかし、ボールの左右の位置は気にしていても、ボールの前後(体からの距離)の位置はあまり気にしていない人が多いのではないでしょうか?

例えば、低い球を打つ時は、少し右(右利きの場合)に置く、高い球を打つ時は少し左に置く、そして傾斜からのショットは少し右に置くなど、左右の位置に関しては、いろいろな情報がありますが、前後(体からの距離)の位置に関しては、あまり情報がないような気がしています。

個人的には、ボールの前後の位置は、ゴルフ上達の上で非常に重要なポイントだと思っています。

左右のボール位置は、球筋に影響を与えますが、ボールの前後の位置は、適正なスイング軌道に影響を与えます。

適正なスイング軌道とは、しっかりと体を使ったスイングができ、しっかりとボールに力が加わり安定したスイングができる軌道です。

つまり正しいスイングです。

正しいスイングでボールをヒットするには、ボールの前後の位置は非常に重要なのです。

身体から近すぎても遠すぎても手打ちになってしまいます。

練習場でいろいろな人のスイングを見ると、手打ちの人ほどボールの位置が体から離れているように思います。

では、ボールの体からの適正な距離は?

それは、人それぞれなので、身長何センチの人は何センチとか一概には言えません。

アドレス時の前傾が浅いか深いか、膝の曲げ方、グリップの位置が高いか低いかによっても違います。

ハンドダウンになると必然的にボールの位置は遠くなります。

プロでも、同じくらいの身長でも遠い人と近い人がいます。

例えば、ひざを曲げてハンドダウンに構える渋野日向子選手と、膝をあまり曲げずにハンドアップ的に構える稲見萌寧選手を比較すると明らかに渋野選手の方がボールの位置は遠いです。

では、自分に合ったボールの適正位置をチェックする方法は?



それはまず、素振りで確認することをおすすめします。

ボールの位置を今より近くから遠くまでいくつか想定して、その仮想ボールに対してしっかりアドレスしてから素振りをしてみてください。

ボールの位置によって、上手く振れたり振れなかったりすると思います。

一番体が使えてヘッドが走る場所が最適なボールの位置なのです。

ところで、この前後のボールの位置の違いは、スイングにどう影響を与えるかというとスイング中のグリップしている手の軌道を変化させます。

ボールの位置を体に近づければ、インパクトの時のグリップの位置も体に近づきます。

つまり、最適なボールの位置は、インパクトの時の最適なグリップの位置で打てる位置に置くことが大切なのです。

そして、一番振れたボールの位置の時のアドレス時のグリップと体の距離をこぶしで測ってみてください。

それが、あなたの最適なグリップの位置です。

最適なグリップの位置が決まれば、必然的に最適なボールの位置も決まります。

最適なグリップの位置でアドレスした時のクラブヘッドの位置が最適なボールの位置なのです。

ちなみに、適正なグリップの位置は、通常アイアンだとこぶし1つ半くらい、ドライバーでこぶし2つくらいの距離と言われていますが、個人的な考えとしては、上半身の力を抜いて(左脇はしめる)自然にアドレスした時のグリップの位置が最適だと思ってます。

こうして構えると、ウェッジでは、自然と前後から見た時に腕が地面と垂直に垂れ下がっていて、クラブが長くなっていくと垂直になっていた腕が少しづつ斜めになっていきます。

ほとんどのプロゴルファーのアドレスの後方写真を見るとそうなっています。

結果的に、グリップと体の距離がアイアンだとこぶし1つ半くらい、ドライバーでこぶし2つくらいの距離となっているのです。

とにもかくにも、ぜひ一度ボールの位置とグリップの位置を確認してみてください。



ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.