ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

左足つま先を開くデメリット

よく、フォーロースルーで体が回りやすいから左足のつま先を開いた方がいい、特に中高年は体が硬くなっているから余計に開いた方がいい、というアドバイスをよく耳にします。

確かに、左足のつま先を開いた方がフォロースルーで体が左に回りやすくなります。

しかし、左足のつま先を開くことによってフォロースルーは回りやすくなっても他の部分に悪影響が出る場合があります。

そう、左足のつま先を開くデメリットです。

左足のつま先を開く場合は、そのデメリットも理解して、その開き具合を調整することが大切です。

■左足つま先を開くデメリット

◇テークバックが回りづらくなる
◇腰のスライドより腰の回転の方が勝ってしまうので、インパクトゾーンが短くなる
◇ボールが低くなる
◇いわゆる壁がなくなり飛距離が落ちる可能性がある
◇左への踏込が弱いとアウトサイドインの軌道になりスライスしやすくなる

以上のデメリットを理解して、左足のつま先の開き加減を調整してみてください。

いろんな開き加減で試すことが大切です。

※つま先の向きについては、下記ページで解説しています。参考にしてください。
◎つま先の向きで何が変わる
◎つま先の向きと球筋


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.