ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Lesson/ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの重量について

ゴルフクラブの重さは重要

ゴルフクラブを選ぶ際に非常に重要なのが、ゴルフクラブの重さ。

市販品のドライバーだと大体280g~325g位で、アイアンだと5番で、350g~430gくらい。

その人のヘッドスピードと体力で自分に合ったものを選ぶのだが、そのポイントはずばり、「安定して振り切れること」。

この「安定」が大切。

ある程度軽いほうがヘッドスピードも上がるのだが、軌道が安定せず、また軽いものは手でも振ることができるのでだんだんと手打ちになってきてヘッドスピードも安定性も悪くなってくる。

筆者も経験済だが、クラブを軽くし過ぎた場合、最初は気持ちよく振れて距離も出るのだが、少しの期間使い続けると、だんだん方向性が悪くなってきて飛距離も落ちてくる。

特に引っ掛けやプッシュアウトが多発するようになり当然スコアもまとまらなくなってくる。

原因は、手打ちになってくるのもそうだが、段々打ち急ぐようになってくるのだ。

よくゴルフクラブを選ぶ時のポイントとして、「振り切れる範囲で重いものを」という定説があるがまさにこういうこと。

クラブを買おうとしてショップなどで試打して調子がいいからと即決しないで、もうワンランク重めのクラブも試してみることも大切。

また、逆に重すぎるクラブだと、これもまた、クラブを振れずに、「振られる」状態となり、飛距離も出ずに、上下動も激しくなりダフリも多くなります。

また、重すぎるクラブは、体への負担も大きいので、腰や肘などの怪我にも繋がる場合があります。

あくまでも「振りきれる」ことが前提。


ゴルフクラブの重さの大体の目安

では、大体の目安はというと、

■ヘッドスピードが48m/s以上(ドライバー飛距離270ヤード以上/平坦)なら、ドライバー(45インチ)は、325g前後で5番アイアンは430gくらい。

■ヘッドスピードが45m/s前後(ドライバー飛距離250ヤード前後/平坦)なら、ドライバー(45インチ)は、315g前後で5番アイアンは415gくらい。

■ヘッドスピードが40~43m/sくらい(ドライバー飛距離210~230ヤード以上/平坦)なら、ドライバー(45インチ)は、305g前後で5番アイアンは400gくらい。

■ヘッドスピードが38m/以下(ドライバー飛距離200ヤード以下/平坦)なら、ドライバー(45インチ)は、290g前後で5番アイアンは375gくらい。

※クラブのヘッド重量は、一般的に各クラブそれほど差がないので、クラブの重量の差はシャフトの重量の差になるので、「クラブ重量を選ぶ = シャフトの重量を選ぶ」ことになります。

ゴルフショップなどでは、大体がヘッドスピードで合うクラブをすすめてくる事が多いと思うけど、筆者が他の要素としてとても大事なのが、筋力(年齢も)と体重。

これは、考えてみると当たり前で、同じヘッドスピードが40m/sの体重50kgの女子プロゴルファーが使用するクラブと同じ重さのクラブを体重120kgの関取が使った場合は、明らかにアンダースペックになるでしょう。

平均より、体重のある人や筋力に自身のある人は、ヘッドスピード基準より少し重めのものを、また、逆の人は少し軽めのものを選ぶといいでしょう。

また、シャフトの硬さや、スイングバランスによっても重さの感じ方がちがうので、やはり実際に振ってみて「安定して振り切れること」を確かめることが大切です。

肘・手首痛予防ストレッチ重量フローはとても大切

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.