ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Lesson/ショット練習

練習場でのその他の注意点

スパイクはやめよう

練習場で、スパイクを履いて練習をしている人を見かけるが、個人的にはNG。

なぜかと言うと、練習場のゴムマットの上では、スパイクだと足元が高くなってしまうから。

ラウンド時だと、大体が芝生の上から打つ。

芝生の上からだと、当然足元は少し沈んで、ボールは少し浮く。

さらにスパイクだと鋲が地面に潜む。

これがゴムマットの上だと足元が全く沈まず、ボールの位置が低くなり、いわゆるつま先下がりのライで打っている状態になってしまう。

通常つま先下がりのライからのショットは、ライ角がフラットになるので右に出やすくスライスしやすい。

と言うことは、いつもこの状況で練習していたら、本番では、フックまたは左に出やすくなる。

練習場では、底の薄いスニーカーなどがおすすめである。



音で確認

よく、「練習場では絶好調だったのにな」とか「練習場では、うまく打てるのにな」とか言う人がいるが、その人の練習を見てみると、ほとんどがダフっている。

しかし、本人は気づかず「ナイスショット」だと思い込んでる。

これは練習用のマットのせい(おかげ?)。

練習用のマットだと多少ダフってもヘッドが滑ってくれて打てる。

言ってみれば、アイアンでもソールの広いFWで打ってるようなもの。

しかし、本番では、芝生の上なので滑らずそのままダフリとなってしまうのである。

見栄を張ってソールの薄いアイアンを使用している初級者ほど、この傾向が顕著に現れる。

経験をつめば、打った感覚でわかるようになるが、一番わかりやすいのは「音」。

言葉で表現するのは難しいが、あえて言うなら正しいインパクトの音は「コツ」。

ダフッている音は「ザク」かな。

とにかく一度、上手な人のインパクトの音を聞いて正しい音を判断できるようにしよう!

練習場の広さについて練習場での練習方法

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.