ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Diary/ゴルフ日記

ゴルフ上達のための今日のつぶやき(12)

 ここでは、管理人が日々ゴルフの練習に励む中で、気がついたチェックポイントや課題など、ゴルフノートに書き留めているコメントを何かのヒントになればと思い紹介します。本当にゴルフは難しい。日々これ精進。生涯練習だね!!

パターも左手でテークバックする。

グリップは軽く握る。前傾をしっかりして、ボールを上から見るようにする。
ビハインドザボール。ダウンスイングで頭を動かさない。
テークバックは、左手を伸ばす感じで左手を意識して左手主導ですること。
テークバックの前に静止する。

肩が開き気味なので、もう少し右を向く感じで方のラインをスクエアにする。

練習場。動画撮影でフォームチェック。上半身をあまり突っ張らないでもう少し前傾したほうがいい。あごを引いてボールを上から見る感じ、胸がボールを見る感じにする。胸が垂直、そりすぎはだめ。そしてつま先体重にする。

ドライバーからパターまで、もう少し高い球を打つようにアドレスして少しアッパーにする感覚で打つほうがいい。恐らく今まで上から入りすぎていたんだと思う。

◎本日の課題
・スタンス狭くする。
・両足をそろえたショットの練習。
・ハーフショットの練習。
・ティーアップ舌ボールを打つアイアン練習。

ボールのつかまりが悪くなっているので、テークバックをもっとインに引く。アドレスでクラブのトゥを少し上げて構えて少しスイングプレーンをフラットにしてみよう。

ビハインドザボール。頭を動かさない。スウェイしない。腰は、バンプして頭は動かさない!!

もう少しハンドダウンで左脇を締めること!!

ハンドダウンにして前傾を深くすると肩のラインが右を向いてくる。アドレスでいつもよりフェースが左を向くときは、前傾を深くしてみよう。

特にFWは、ゆっくりテークバックして、ゆっくりダウン。打ち急がないことが大切。FWはもう少しハンドダウンに構えた方がいいかも?

ピン型パターの打ち方。ハンドファーストで、リーディングエッジを意識してテークバックをしてストローク。右肩を少し下げる。

力を抜くために、ショットの前には必ずワッグルをすること!!

パター、左脇を必ず締めた方がいい??

アドレス、もう少し手を体から離してみよう。

パター、グリップ力を抜く。そうすると上半身も力が抜けて自然にテークバックできる。

左手の甲が飛球線に向くようにグリップして力を思い切り抜いて構える。

腰のバンプを確認!

アドレス、肩甲骨をあまり開かずに、力を抜いて肘にもゆとりを持って構えること!!

パター、打つ時は、ボールの打点をしっかり見ると芯に当たる。



<前へ   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11 12 13   14   次へ>

ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.