ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Lesson/ゴルフクラブの選び方

各ゴルフクラブの適正重量

ドライバー(45インチ)の適正重量

よく言われる理想とする大体の目安は、5番アイアンの重量 -85g~-105g位。

この20gの差は、アイアンの重量差で変えたほうがいいみたいです。

例えば、

◎5番アイアンが375gならドライバーは、290g。(重量差85g)
 ※アイアンのシャフトが軽量カーボンのセッティング

◎5番アイアンが405gならドライバーは、310g。(重量差95g)
 ※女子プロのロングヒッターに多いセッティング

◎5番アイアンが430gならドライバーは、325g。(重量差105g)
 ※男子プロに多いセッティング

※当然、アイアンの重量を変えたらそれに伴ってドライバーの重量も変えないとだんだん調子が落ちてきてしまいます。(筆者経験済)

3W(フェアウェイウッド)の適正重量

この3Wの適正重量については、以前から疑問を持っていて、ドライバー +10g~20gという説もあるし、+25gという説もある。

そして、市販のFWの重量を見てみると、ほとんどが330g以下。

ドライバーは大体310g前後が多いのに。

ということは、メーカーは、ドライバー +10g~20gくらいでFWを出していることになる。

ただ、これは、重量フローからすると軽すぎると思う。

筆者もFW選びは、長年の課題で、いろいろな重量のFWを試してきた。

おかげさまで、FWは、15本。

重量はもちろん、シャフトの硬さなどいろいろ。

1回打っただけでは、なかなかわからないので、最低3か月は使い続けて最近やっと結論が出た。

それは、3Wの適正重量は、ずばりドライバー +25g~30g!! (あくまでも個人的な見解です。)

そして、5W、7Wは、0.5インチで7g重くすればいいと思う。

+10gの3Wを使い続けると、最初からトップすることが多く、そのうちまともに当たらなくなる。

+20gの3Wを使い続けると、最初は振りやすくて飛距離も出るのだが、だんだんとトップ目に当たるようになり、打ち急ぐようになりゆったりとしたスイングができなくなる。

今までラウンドで使用した3Wで、大きなミスもなく安定して使用できたのは、やはり+25g~30g。

昔まだ、初心者で、クラブの重量フローなどもわかってなかった時に意外と打てていたのが、キャロウェイのスチールヘッドプラス。

このクラブは、70g代のシャフトが刺さっていて、3Wで確か340g弱くらいだった。

その頃ドライバーは310gくらいを使ってたからその差は30g弱。

その事からもやはり、3Wの適正重量は、ずばりドライバー +25g~30g!!だと思う。

クラブメーカーがこれより軽いFWを販売する理由は、飛距離追求だと思う。

安定性を求めるなら+25g~30g。

これでしっかり打てなかったら、3Wはあきらめて、4Wや5Wからにするという考えでいいと思う。

これを重量フロー的に計算してみると、

一般的に45インチと表示されているのドライバー(実は60度法で測ると約45.5インチ)と43インチ(60度法)の3Wで計算してみると・・・。

45.5インチ - 43インチ = 2.5インチ

単純に、長さの差は、2.5インチなので、1インチ14gのフローで計算すると、35g差になる。

2.5インチ × 14g = 35g

しかし、35g差だと実際に振ってみると、明らかに3Wが重い。

以前から考えていたのだが、ドライバーとFWの差だけが単純に計算したものと合っていないような気がしていた。

そこで考えたのが、フェースの重心位置。

ドライバーの重心位置は、FWの重心位置に比べて約0.5インチほど高い。

ということは、グリップエンドから重心位置間での長さの差で計算すると・・・・。

45.5インチ - 43インチ - 0.5インチ = 2インチ

2インチ × 14g = 28g!!!!!
 
やはり、+25g~30g!!だと思う。


ウェッジの適正重量

ウェッジは、一般的には、同じか、+10g位がいいとされている。

ウェッジは、いろいろな距離を打ち分けるので重いほうがより安定する。

また、柔らかいボールを打つためには、ゆっくり大きく振ることがポイントなので、重いほうがより打ちやすい。

パターについて

意外と盲点なのがパター。

実は、パターの重量フローについては、ほとんど聞いたことがない。

パターは、いろいろな長さがあって他のクラブのように、ショットするものではないので重量フローに当てはめることが難しいが、やはり適正重量はある。

経験談を書くと・・・・。

実は、以前パターが、絶不調になった時期があった。

それまでは、パターは下手ではなかったのだが、ある時期からパット数が40を超えるようになった。

その頃ショットは調子が良かったのでパット数が40以上だけど、スコアは80台というラウンドが続いた。

パターがよければ、70台もでるのにな~。

笑っちゃうくらいに入らず3パットのオンパレード!!(この表現古い?)

50cmくらいも怖くて打てなくなってきた。

毎日のようにパットの練習をしても全然だめ。

特に距離感が合わない。

そうこうしているうちにある日気づいた。

パターが軽いのでは?

そこで、重いグリップに変えて、その上グリップの下とヘッドの下に鉛を貼って合計30g位重くしてみた。

そして、ラウンド。

不思議と安心して打てるのである。

確かパット数は、34くらいだったと思う。

結局、原因は、パターが軽すぎたことだった。

しかし、前はしっかり打ててたのに何で急に絶不調になったんだろう??

そして気づいた。

パターが、絶不調になりはじめた時期と、アイアンのシャフトを軽量スチールからダイナミックゴールドに変えた時期が一緒だった。

パターもやはり、14本目のクラブとして重量フローを考慮しなければいけない感じた出来事だった。

重量フローは、とても大切ゴルフクラブ適正重量計算ツール

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.