ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/ゴルフ

ゴルフブログ ゴルフ記事一覧(243)


センターシャフトパターのメリット・デメリット
先日、センターシャフトのパターを初めて買った。オデッセイの2ボールのセンターシャフト。中古で3020円で500円クーポンを使って2520円。実は、10年ほど前からこのセンターシャフトのパターは気になっていた。ゴルフが上達してきて、いわゆるシングルさんになってくると、パターの重要性は非常に高くなってく <続く・・・>


ゴルフドゥのバースデイ500円割引券は、ちょっと嬉しい。
先日、ゴルフドゥからバースデイ500円割引券のはがきが送られてきた。(割引券の写真を撮るのを忘れました。)今月なんと60回目(還暦)の誕生日を迎えたのである。(笑)割引券の期限が迫ってきたので今日近くのゴルフドゥに行ってきた。割引券の利用に関しては、いくら以上などの制限はなく、お釣りは出ないというだ <続く・・・>


アプローチでダフリやすい人は左肩が上がりすぎていないかチェック!!
グリーン周りでよく見かける光景が、いわゆるチャックリ。ダフってしまってほとんど飛ばないでやり直し。ゴルフのミスショットの中で一番落胆が大きい。せっかくグリーンまわりまできてるのに最悪である。グリーン周りからのアプローチがミスなくしっかり寄せられるようになるのがゴルフのスコアメイクには重要。そのアプロ <続く・・・>


ボールの前後の位置気にしてますか?
地面にあるボールを打つゴルフにとってアドレス時のボールの位置はとても重要です。しかし、ボールの左右の位置は気にしていても、ボールの前後(体からの距離)の位置はあまり気にしていない人が多いのではないでしょうか?例えば、低い球を打つ時は、少し右(右利きの場合)に置く、高い球を打つ時は少し左に置く、そして <続く・・・>


ショートアプローチのボールの位置はできるだけ体の近くに
網膜剥離と鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)の手術の影響で1年ほどのブランクの後、ゴルフを再開して3カ月。やっと体力とショットが戻ってきたのだが、スコアが戻らない。(笑)すべて80台で、しかも後半。70台が出る気配もない。その原因は、ショートアプローチ。得意だったショートアプローチが絶不調なのである。ゴル <続く・・・>


鉛でスピン量を減らして飛距離アップ!!
ドライバーを、キャロウェイレガシーブラック440からタイトリスト910 D3に変えて初ラウンドの日。狭い練習場では気が付かなかったが、ドライバーが全然飛ばない。他の番手は、いつもと変わらないので、明らかにドライバーだけが飛ばない。いつものドライバーの飛距離は平均250ヤードほどだが、この日は230ヤ <続く・・・>


ショートアプローチは、絶対に手首を使ってはいけない。
網膜剥離手術と鼠径ヘルニアの手術などで1年のブランクの後、ゴルフを復活させて半年弱。やっと、体力とショットの調子が戻ってきて70台のゴルフを復活させるために頑張っているのだが、ショートアプローチの調子が戻らない。絶不調。なのでスコアも80台、しかも後半。今までは、ショートアプローチは得意で、チップイ <続く・・・>


ユーティリティーやフェアウェイウッドの苦手な人はクラブが軽すぎるからかも
ゴルフクラブの中でユーティリティーやフェアウェイウッドが苦手という人が多くいます。これには、いろいろな原因があると思われますが、ドライバーとアイアンはある程度しっかり打てるという前提で考えるとクラブが軽すぎることが原因かもしれません。※すべてのクラブが苦手という人は、まずは練習をもっと頑張りましょう <続く・・・>


タイトリスト910Hの純正950GH UTILITYのシャフトは、すべて40インチ仕様
タイトリストのユーティリティー910Hは、21度(39.5インチ)と19度(40インチ)の2本持っている。純正のシャフトは、N.S.PRO 950GH UTILITYのSだったけど、どうも手元が硬すぎてタイミングが取りづらいので、ダイナミックゴールドSL(パラレル)のS300にリシャフトして使ってい <続く・・・>


打点を調べよう!
今日久しぶりにドライバーの打点を調べてみた。恐らく10年ぶりくらい。ゴルフのレベルがある程度になると、大体打点がどのあたりかわかるようになるので、特に最近はこの打点を調べるシールは使っていなかった。キャディーバックから測定器を取り出そうとしたらついでにこれが出てきたのでやってみることに。ドライバーを <続く・・・>


鼠径ヘルニア(脱腸)日帰り手術からゴルフ復帰までの経過
昨年、鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を受けた。術式は、腹腔鏡のTEP式。手術個所は、右の片側1か所。年齢は59歳 男。手術を受けるまでは、いろいろ心配事も多く、手術は失敗しないのか、痛みはどのくらいでいつまで続くか、すぐ歩けるのか、仕事復帰はどのくらいでできるのか・・・などなど。中でも一番気になっ <続く・・・>


ゴルフ肩痛(スイングショルダー/ゴルフ肩)の原因は、肩甲骨の開きすぎ。
この何年か左肩が慢性的に痛かった。特にゴルフの後に痛くなるので、原因はゴルフだと薄々わかっていた。ゴルフで左肩が痛くなることを、「ゴルフ肩」または「スイングショルダー」と言うらしい。ほぼ毎日、風呂上りにハンディーマッサージ器で痛いところをマッサージしてなんとかゴルフを続けていたが、先日、練習場で打っ <続く・・・>


松山英樹選手は、「力み」をコントロールできればメジャーで勝てる
コロナ感染症の影響で11月に無観客で開催された今年(2020)のマスターズ。世界ランク1位のダスティン・ジョンソンが20アンダーでマスターズ初優勝を飾って幕を閉じた。日本人期待の松山英樹選手は、8アンダーの13位タイ。またしても、日本人男子初のメジャー優勝はできなかったが、今回のマスターズは、個人的 <続く・・・>


アドレスで肩甲骨が開いていませんか?
ゴルフショットの結果は、アドレスで90%以上決まってしまうと思っています。アドレスで大切なポイントの1つとして、上半身の力を抜くことがあげられます。さらに上半身の力を抜くためのポイントとしては、グリップを軽く握る事ともう一つ、肩甲骨を開かないことです。ゴルフは、地面の上にあるボールを打つ競技なので、 <続く・・・>


「プレー入ります 止まってください」の後には「ありがとう」を
プロゴルフトーナメントを年何回か見に行く。華やかなトーナメント会場で、プロゴルファーのショットを見て回るのは本当に楽しい。ただ、1点気になることがある。すべてではないが、一部の帯同キャディーの態度である。何回か不快な気分になったことがある。非常に偉そうに上から目線。少しでも動いているギャラリーがいる <続く・・・>


タイトリスト910 D3 中古ドライバー購入
先日、中古ドライバーを買った。タイトリスト910 D3。クラブスペックは、■タイトリスト910 D3・ロフト角 9.5°・ヘッド体積 445cc・長さ 45.25インチ(60度測定法)・重さ 312g・シャフト Fujikura motore5.5・フレックス S・トルク 3.4・シャフト重量 59 <続く・・・>


テークバック(バックスイング)は、ゆっくりでも速くでもない。
テークバックの速さについてのレッスンを見ると、「ゆっくり」派と「速く」派に分かれるようです。「テークバックは、ゆっくり上げると正確性が増す。」「アマチュアは、ゆっくりではだめで速い方がいい。」「テークバックは、ゆっくりだとミスが出る。」「テークバックは、ゆっくりだとこんなにメリットが。」・・・・・・ <続く・・・>


シャフトの試打は、試打クラブのホーゼル(ネック)の長さに注意!!
ゴルフクラブ選びで一番大切なのは、シャフトだと思っている。やはりリズムよく振るためには、自分に合ったシャフトが必要不可欠。重さ、硬さ、調子(キックポイント)など。そして、シャフトを選ぶ時は試打して選ぶことが大切だが、試打するときの注意点がある。それは、試打クラブのヘッド形状 、特にホーゼル( ネック <続く・・・>


ダフリ気味の原因は、ボールとの距離が近すぎるからかも
最近、ショットの調子があまり良くなかった。ショットすべてが、少々ダフリ気味。そして、昨日気づいた。ダフる原因は、いくつかあるが、今回の原因は、アドレスでボールの位置が体に近すぎたことだった。近すぎると、どうしてスイングはアウトサイドインとなり上からクラブが入るようになって、ダフリやすくなる。アドレス <続く・・・>


ドライバーZR-700を格安で購入
60歳を前にヘッドスピードも落ちてきたので(現在約43m/s)ドライバーのシャフトを少し軽く、柔らかくしようと思っていた時に見つけたのが、このドライバー。13年ほど前に発売されたスリクソンZR-700。ブックオフ スーパーバザー(BOOKOFF SUPER BAZAAR)でなんと税込810円!!!フ <続く・・・>



ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.