ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Lesson/ショットの基本

ロングサムとショートサム

ロングサムについて

ショートサムとロングサム_1

写真のように、グリップした時の左手(右利きの場合)の親指を長く伸ばした状態をロングサムといいます。

ロングサムの影響


ロングサムにすると、手とシャフトの角度が小さくなるのでハンドダウンになり、ライ角はアップライトになりボールが捕まりやすくなる。

また個人的な意見だが、ロングサムにすると、手首が固定されて方向性は良くなるが飛距離は落ちると思う。

また親指の付け根をいためる可能性があると思う。

ショートサムとは

ショートサムとロングサム_2

写真のように、グリップした時の左手(右利きの場合)の親指を縮めた状態をショートサムといいます。

ショートサムの影響


ショートサムにすると、手とシャフトの角度が大きくなるのでハンドアップになり、ライ角はフラットになりボールが捕まりにくくなる。

また個人的な意見だが、ショートサムにすると、手首が使いやすくなって飛距離は伸びると思う。

ロングサムとショートサムどちらがいいのか?

レッスン書などでは、ロングサムがいいとかショートサムがいいなど両方の意見があるが、個人的には、これはあまり意味が無いことだと思う。

それは、人それぞれ手の大きさ、指の長さ・太さ、身長、体重、スイングタイプ、持ち球・・・等が違うのでそれにより合うグリップは違うと思う。

それと、ロングサムとショートサムという二者択一の選択ではないということ。

これはどういうことかと言うと、下の写真は自分のグリップの時の親指の長さ。

ロングサムとショートサム_3

上のロングサムとショートサムの写真から判断すると、ロングサムとショートサムの中間かなという感じ。

これが自分のベストなグリップであると思っている。

これ以上、ロングサムにすると、フェースがかぶってきて引っ掛けが出て、手首も使いづらくなり飛距離も落ちる。

そしてなぜかダフリ易くなる。

また親指の付け根が痛くなる。

またこれ以上、ショートサムにすると手首が動きすぎて方向性が悪くなり、またボールが捕まりにくくなりプッシュアウトやスライスが出やすくなる。

これもまた親指の付け根が痛くなる。

大切なのは、いろいろ試してみること

ロングサムとショートサムやその中間にして打ってみてどういう変化があるかを確認してみよう。

その結果で自分に合う、親指の長さを把握しよう。

親指の長さだけでスライスが修正されることもあると思う。

また打とうとする球筋によって親指の長さを変えるのもありだと思う。

大切なのは、いろいろ試してみることだと思う。

たかが、親指の長さ。

されど親指の長さ・・・。

冬のゴルフクラブグリップを握る強さ

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.