ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/クラブいじり

シャフトカットしたらバランスは同じにしない方がいい

先日、ドライバーを45.5インチから44.75インチに短くした。

バランスを合わせるためにドライバーの重りを5g重くした。

ラウンドで使用したらヘッドが暴れて全くダメ。

トゥダウンが強くて、安定してトゥ側の上部に当たる。

シャフトカットした場合、スイングバランスは当然落ちます。

ドライバーの場合、1インチシャフトカットしたらバランスは約6ポイントほど軽くなります。

例えば、バランスD1だったらC5くらいになります。

それを同じバランスにしようとするとヘッドを約10g重くしなければなりません。

10gを重くしたら、シャフトはよりしなりやすくなり柔らかくなる。

しかも、ヘッドを10gも重くするとヘッドスピードが極端に落ちます。

だから、シャフトカットなどして短くした場合は、元のバランスにこだわる必要はなく、ヘッドが軽すぎると感じたら少しずつ鉛で調整する程度でOK。

元のバランスD2が、C8になってしまっても振りやすければ全然問題ない。

バランスより総重量の方が大切です。



スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.