ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

引っかけを修正する練習方法

突然現れる、ひっかけ。

左に勢いよく飛んで距離も出るので、大けがになる可能性大。

ゴルフを長年やっていると、時々引っかけ気味になる時がある。

そのまま放置していると、どんどん症状は悪化して引っかけのオンパレード(この表現古い?)、ゴルフにならなくなる。

以前は、引っかけが出始めると、スイングやグリップなどをチェックして直そうとしていたけどなかなか直らなかった。

そしてある時から、この方法を始めたら引っかけがすぐ改善されたので紹介します。

そのひっかけを改善する方法は、何も考えずに練習場でひたすらスライスを打ち続けること。

引っかけの原因は、アドレス、グリップ、ボールの位置、スイング軌道など、いろいろあるけど、要は、「ボールが捕まりすぎている」ことが原因。

ということは、ボールを捕まえない打ち方のスライスを打ち続ければ、グリップやアドレス、スイング軌道やボールの位置が、段々と捕まらない方向に修正されてくるというわけ。

自分の場合は、グリップが知らず知らずのうちにフックグリップが強くなりすぎて、引っかけが出ることが多い。

でも、グリップだけ修正しようとして、少しウィークに戻そうとしても、違和感があってなかなか戻せない。

しかし、ただひたすらにスライスを打ち続けると、段々とグリップが違和感なく修正されてくるのである。

引っかけがひどい時は、スライスを打とうとしても、最初は逆玉(左に飛んでフックする球)が出る時もあるが、しばらくスライスを打ち続けると、段々とスライスが安定してきて、普通に打っても引っかけなくなってきます。

全ての人に当てはまるかどうかはわかりませんが、引っかけで悩んでいる人はぜひお試しを。

今までスライスを打ったこともない人もぜひスライスボールに挑戦してみてください。

スライスが意図的に打てるようになれば、ゴルフが劇的に変わります。

スライスの打ち方は、基本的には、フェースを少し開いてグリップして、ボール位置は左寄り、そしてスイングはアウトサイドインです。


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.