ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

グリーン周りからのチャックリは、膝の曲げすぎが原因?

最近、得意としているグリーン周りからのアプローチの調子がよくなかった。

トップ、チャックリ(ダフリ)とまではいかないが、芯に当たらずに距離感と方向性が全然だめで寄らない。

最初は、シャフトを変えたのが原因と思っていたが、昨日アプローチの練習中にその原因がわかった。

その原因は、膝の曲げ方。

アドレスで、今までよりも膝を曲げ過ぎていたのである。

膝を伸ばす感覚(膝をわずかに曲げる感じ)で構えてアプローチをすると綺麗にヘッドが入って芯に当たる。

アプローチの時にアドレスで膝を曲げ過ぎていると、上下動が生じやすくなるのでダフリやトップが出やすくなる。

膝を伸ばすように、ほんの軽く膝を曲げた状態で構えれば、膝がロックされて上下動がなくなるし、膝を伸ばすことによって背筋も伸びて背骨を軸にして回転できるのでヘッドの軌道が安定する。

自分の場合は、ショットの時も膝を曲げ過ぎると体の捻転が制限されてまともなスイングができなくなってしまうのでいつも曲げ過ぎに気を付けている。

今後は、アプローチの時も気を付けよう。

特に疲れている時などは、膝と背筋が曲がりがちになるので気を付けよう!

グリーン周りからのチャックリは、いろいろな原因があってほかのゴルフサイトなどでも紹介されているけど、もしかしたら膝と背筋を伸ばして上下動をなくせば解決するかもしれません。

チャックリで悩んでいる人は、ぜひお試しあれ!!

ただし手打ちはダメ。

ショートアプローチもしっかりボディーターンで!!

いや、ショートアプローチほどしっかりボディーターンで大きくゆっくり!!


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.