ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

苦手なクラブは、力まずゆっくりスイングで克服!!

大抵のゴルファーは、苦手なクラブがある。

ある人は、ドライバー。

ある人は、フェアウェイウッド。

ある人は、アイアン。

自分の場合は、ユーティリティがあまり得意ではない。

いや、はっきり言って苦手である。

アイアンが得意なので本当は、3番アイアンを使いたいのだが、寄る年波で変わりに21°のユーティリティを使用している。

使用しているユーティリティは、アイアン感覚で打ちたいのでFP値があまり大きくない、いわゆるグースネックタイプ。

このタイプは、アイアン感覚で打ち込む打ち方が合う。

しかし、以前からユーティリティだけは、なかなか納得の球が出ない。

フックが出たり、プッシュアウトしたり・・・。

気持ちよく打てないのである。

ならば、7番ウッドを使う手もあるのだが、7番ウッドはどうも引っかけるイメージしか湧かない。(笑)

ユーティリティをなんとか打ちこなしたいと思い、ヘッドやシャフトもいろいろ試してみたが、どれもあまり変わらずクラブのせいでもない。

スイングも、ダウンブローにしたり、レベルにしたりしてもなかなか納得の球が出ない。

そして先日、練習場で、またユーティリティをいろいろ考えて試しながらやっていたが全然ダメ。

そして、ついにあきらめの境地に。(笑)

いろいろ考えて試すのも嫌になってきたので、

「何も考えずにハーフショットで気分転換!」

と適当に軽くゆっくり一球打ってみると、なんとしっかり芯を食っていい球が・・・。


「あれ?」

もう一球、何も考えずに軽く打ってみると、狙った方向に、今日一のショットが!!

「もしかして、問題は力みだった?」と、もう一球。

やはり、納得の一打。

目から鱗である。

他の、ドライバーやFW、アイアン、ウェッジは、いつも力まないようにゆっくり大きい脱力スイングを心掛けていたが、ユーティリティだけは苦手意識が強すぎて、試行錯誤しながらだんだん力んでいたんだと思う。

そう、ユーティリティを持っただけで、不安が先行するので無意識に力むようになっていたんだと思う。

とにかく、ユーティリティも軽くゆっくりスイングを心掛けよう!!

これで、ユーティリティの苦手意識も克服か?

次のラウンドが楽しみである。

もしかしたら、苦手クラブのある人は、そのクラブの時だけ、無意識に力んでしまうのが原因かも?

クラブやシャフトを変えたり、スイングを見直すより、軽くゆっくり振ることを心掛けたら苦手クラブがなくなるかもしれません。

ぜひお試しあれ!!


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.