ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

ドライバーの球が上がらない人の対処法

ヘッドスピードがある程度あるのにドライバーの球が上がらず悩んでいる人がいます。

個人的には、弾道が高すぎる人より低すぎる人の方がゴルフスイングがしっかりできている人だと思っています。

それは、低い球を打てる人は、ハンドファーストができていてダウンブローに打つことができているからです。

それにボディーターンがしっかりできていないとダウンブローには打てません。

ゴルフのラウンドでは、ティーショット以外は、地面の上にあるボールを打ちます。

地面の上にあるボールは、物理的にアッパースイングでは絶対にうまく打てません。

ティーアップをしないで地面の上のボールは基本的にダウンブローで打たなければいけません。

つまり弾道が高すぎる手打ちのアッパースイングよりよほどいいのです。

また、低い球は風の強い日にはとても有効です。

ただドライバーの弾道が低すぎると正当な飛距離が出ずに損をしてしまいますので、ゴルフ上達のためには正しい高さの球を打てるようにする必要があります。

球が上がらない原因はいくつかありますが、ヘッドスピードがある程度あり、ドライバーのリアルロフトもあってる場合は、下記をチェックしてください。

1.ボールの位置
右過ぎませんか? 

ボールは左脇の下あたりにセットしてみてください。


2.構えた時のヘッドの位置
ボールのすぐ後ろにドライバーのヘッドを置いて構えていませんか?

ティーアップしたボールのすぐ近くにヘッドを置いて構えてしまうとどうしても意識がボールに行ってしまいそのボールに対して打ちにいってダウンブローになって球が上がりません。

ヘッドをボールから右に少し離して構えて、そこにボールがあると想像してそのボールを打つ意識でショットしてください。

するとインパクトの瞬間は、自然とレベルブローまたは若干のアッパーブローとなって球が上がるはずです。

よくプロなどは、ドライバーは、右足前でインパクトをする意識で振ると言います。

自分も意図的に高い球を打つときは、「右足前インパクト」を意識して高い球を打っています。 

スイングを変える必要は全くありません。

変えるのは意識だけ。

実際のボールの位置より少し右に置いた仮想ボールを意識してください。

ドライバーの球が上がらなくて悩んでいる人は、ぜひ試してください。


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.