ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

プッシュアウトやボールが捕まらない時は、右足ベタ足打法!!

日によってボールが捕まらない時がある。

そうすると、ドライバーは、こすり球になりスライスとなって飛距離もだいぶ落ちる。

原因は、腰の開きが早く、いわゆる「振り遅れ」になっている場合が多い。

プッシュアウトも同じ原因で起こることが多い。

では、腰の開きを遅くすればいいのだが、具体的にはどうやって?

そういう時は、右足ベタ足打法(右利きの場合)を意識すればいい。

右足ベタ足打法とは、インパクトの瞬間まで右足のヒールアップをしない打法であり、アンソンジュ選手やイボミ選手など特に韓国選手に多い。

普通に立ったまま、体を左に回す場合、右足のかかとを上げた時と上げない時を比べてみればすぐわかりますが、かかとを上げた方がより楽に多く回ってしまいます。

インパクトの瞬間まで右足のヒールアップを我慢することにより、腰の開きを防ぐことができるのです。

習得方法は、まずは両かかとをつけたまま、軽く連続素振りをしてください。

この時、絶対にかかとを上げないでください。

これだとフォローで体がきつくなるので、あくまでもハーフショットのように軽く。

フォローで、右半身が引っ張られる感覚がわかると思います。

この素振りに慣れてきたら、次は、フォローまで振り切る素振り。

振り切るためには、右足のヒールアップをしないといけないのですが、意識するのは、先ほど感じた右半身が引っ張られる感覚の後に右足をヒールアップする事。

スイングの順番としては、テークバック→トップ→ダウン→インパクト→フォロー→右半身が引っ張られる感覚→ヒールアップ→フィニッシュ

素振りで感覚を覚えたら、実際にボールを打って試してください。

右足ベタ足打法は、下半身の動きを抑えるので、曲がりの少ない安定したボールを打つことができます。

実際に自分も右足ベタ足打法を意識してからショットが安定してきました。(特にドライバー)

右足ベタ足打法をマスターしてスコアアップを!!


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.