ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

アドレスでフェースが被る原因

長年ゴルフをやっていると、だんだんとアドレスの大切さがわかってくる。

個人的には、ショットの90%はアドレスで決まると思っている。

そう、アドレスが完璧ならいいショットが打てるのである。

しかし、その日によってアドレスがしっくり来るときと来ない時がある。

そのひとつが、フェースの被り。

肩や腰や膝のラインをスクエアに構えていてもフェースが被ってしまう時がある。

それでも、ある程度打てればいいのだが、フックや引っ掛けが出ると、もうその日はゴルフにならない。

以前は、はっきりした原因がわからず、グリップが原因かなと思いいろいろ変えたりしていた。

しかし最近、その原因がはっきりした。

それは、グリップが体から離れすぎていて前傾が浅くなっているとグリップが被るとわかった。

いろいろ試してみると、前傾が浅くなると懐が狭くなってきて、ハンドアップ、ハンドレイトになりそしてフェースが被ってくる。

逆に、前傾を徐々に深くしていくと、懐が広くなってきて、グリップが体に近づいてきてハンドダウン、ハンドファーストになってきてフェースはスクエアに戻っていく。

基本的に、スイング軌道を安定させるには、ボールと体を近づける方がよいので、グリップが体から離れすぎるといろいろな弊害が出てくるのである。

ただ、グリップだけを体に近づけても窮屈になってしまうので、しっかり前傾をして懐を深くする事が大切である。

自分の場合は、アイアンなどはボールを真上から見る感じにするとベストなようだ。

日々チェックしないと、知らぬ間に前傾が浅くなってしまうので今後は十分気をつけよう!

特に、疲れている時は要注意!!

しかし、これで長年の疑問が晴れて70台連発!と行きたいものだ。

とにかく練習!!


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.