ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

アウトサイドイン(カット軌道)の直し方

ゴルフのスイング軌道には、大きく分けて下記の3つの軌道があります。

1,アウトサイドイン
2,インサイドアウト
3,インサイドイン

理想は、インサイドインですが、多くのアマチュアゴルファーはアウトサイドインになってしまっているのではないでしょうか?

アウトサイドインだと、フェースが開いて当たるとスライス、フェースが軌道に対してスクエアに当たると左に飛んでいってしまいます。

この軌道では、ターゲットを狙う場合、捕まったストレートボールは打てずに、どうしてもフェースを開いてスライスを打つしかなくなってしまうのです。

当然こすり球になっているので飛距離も出ません。

自分では、アウトサイドインになっているとは気づいていない人でも、たまに出るいいショットがまっすぐ左に飛ぶことが多い場合は、アウトサイドインの軌道になってしまっています。

ゴルフにとってこのアウトサイドインの軌道は、一番成長を妨げてしまう軌道なのです。

アウトサイドインになってしまう原因は、いくつか考えられますが、体重移動や体の捻転などしっかりできているのにアウトサイドインになってしまっている原因はテークバックにあることが多いです。

それは、「テークバックをインに引きすぎる事」です。

ボディーターンを意識する人ほどテークバックをインに引きやすくなります。

テークバックをスイングプレーンよりインに引きすぎるとトップで手の位置が低くなりすぎてしまい、切り返しで手を下ろせなくなるのでどうしても外から下ろすようになりアウトサイドインの軌道になってしまいます。

では、どうしたらアウトサイドインを直せるか?

もうお分かりですよね。

テークバックを、インに引きすぎなければいい(笑)。

テークバックをインではなく、最初の30cmくらいをまっすぐ後ろか少し外側に引けばいいのです。

そうすれば、トップの位置も高くなって、その位置から自然と手が下りてきてインサイドインの軌道を描きやすくなります。

とりあえず最初は、思い切り外側に上げてその違いを体感してみてください。

ガルシアやフューリックなどは、外に上げてますよね。

これで、インサイドインのスイングが身につけば劇的にゴルフが変わるはず!!

Good Luck!

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.