ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

バンカーの目玉は、フェースを閉じれば簡単!

バンカーは、そんなに苦手ではない。

フェード打ちなので、クラブを開いてインサイドアウトで打つことの多いバンカーショットはやりやすい。

個人的な考えなのだが、バンカーショットは絶対にフェードヒッターの方がうまいと思う。

ただ、目玉はやはりいやなもの。

特にパー4で、ティーショットを完璧に飛ばして、ウェッジでピンを狙った2打目がバンカーの目玉になっていたりしたら相当へこむ。(笑)

今までは、目玉はフェースを開かずに、そのまま上から「ドスン」と打っていた。

これだと、出すのが精一杯で距離が出ず、大体がショート。

目玉だからしょうがない、目玉は出すだけでOK、と思っていた。

ところが先日、某ゴルフ番組で、横尾要プロのバンカーの目玉の打ち方をみて、まさに目から鱗!!

打ち方は、思い切りフェースを閉じて上から打つ。

今まで、目玉は、フェースを閉じるということを聞いたことはあるが具体的な打ち方はわからなかった。

その打ち方のポイントは、フェースを思い切り閉じることだが、びっくりしたのがその際のボールの合わせ方。

通常は、当たり前だがフェースのセンターに合わせるものだが、このショットは下記の写真のようにリーディングエッジとネックの作るVの字の真ん中に合わせるのである。

バンカーの目玉は、クラブを閉じれば簡単!_1

飛球方向は、フェースの向いている方向ではなく、V字の方向である。

クラブを持って、このアドレスをしてみると、本当にまっすぐボールが出て行くか半信半疑。

そこで後日、練習場のバンカーで試してみたら、これがびっくり! 簡単に打てる!

そして、ボールも振った方向(V字の方向)に飛んでいく。

しかも、距離が出る。

軽く打ってもしっかり出るのである。

感覚的には、今までの目玉の打ち方の1/3くらいの力でOK。

出球のスピードは、普通のバンカーショットと同じくらいだと思う。

弾道はそんなに低くない。

当然スピンはかからないのでランを計算すればある程度足の使えるバンカーからは寄せられると思う。

もう少し練習して距離感をしっかりつかめば、あごの高いバンカー以外は、目玉も苦にならないと思う。

これでまた1打縮まる?!!


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.