ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

ドライバーのボールの位置は、左脇下の延長線上!!

止まっているボールを打つゴルフにとって、ボールの位置はとても重要である。

ドライバーのボール位置についてよく言われるのが、「左足かかと線上」。

しかし、いろんな人のボール位置を見ると、左足かかと線上より、かなり内側(右利きだと右より)にセットする人はかなりいる。

特に女子プロを見ると、ほとんどの人が結構内側にセットしているように見える。

自分のボール位置は、まさしく「左足かかと線上」。

長年、いろいろ試した結果、一番打ちやすく安定する場所である。

違いは何か?

いろいろ考えたら気がついた。

ずばり、スタンス幅の違い。

自分は、結構スタンスは狭い。

ドライバーで、肩幅くらい。

試しに、スタンスを肩幅よりかなり広くしてアドレスをしてみると、ボールの位置は、かなり内側になり、「左足かかと線上」では、とても打てそうにない。

確認のため、いろいろ調べてみたら、「左脇下の延長線上」という理論を見つけた。

まさに、「目から鱗」である。

狭いスタンスから広いスタンスまで自分で確認したり、プロのアドレスを画像で確認してみると、確かに大体が「左脇下の延長線上」にある。

多少個人差や打つ球筋によりボール位置は変わると思うが、この理論は正解だと思う。

「左足かかと線上」とは、肩幅くらいのスタンス幅の時に言えることだと思う。

ワイドスタンスの人が「左足かかと線上」を信じて実行していてなかなか結果が出ない場合は、「左脇下の延長線上」にしてみよう!!

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.