ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

アドレスのグリップの位置

個人的に、ゴルフのショットは、90%アドレスで決まると思っている。

アドレスでのチェックポイントと言うと、グリップの握り方や膝、肩、腰のライン、前傾角度などが思い浮かぶが、意外と大事なのがグリップの位置。

よく言われるのが、グリップの位置は、左太ももの内側の前(右利きの場合)がよいとされている。

このグリップの位置が変わるとスイングも変わってしまってミスショットの原因となる。

例えば、グリップの位置が、右により過ぎると(右利きの場合)スイングがアウトサイドインになって、引っ掛けやスライスになりやすくなる。

また逆に、グリップの位置が、左により過ぎると(右利きの場合)スイングがインサイドアウトになってプッシュアウトやフックになりやすくなる。

引っ掛けやスライスで悩んでいる人は、グリップの位置を少し左に、また、プッシュアウトやフックで悩んでいる人は、グリップの位置を少し右にしてみると直るかもしれない。

いろいろなグリップ位置で試してみて、自分のベストなグリップ位置を確認して毎回チェックすることが大切。

また、打つ球筋によってグリップ位置を少し変えてみるのもアリだと思う。

フェードを打とうとした時、逆にフックしてしまったり、ドローを打とうとしてスライスしてしまう「逆球」もグリップの位置が原因なのかもしれない。

とにかく、グリップの位置は、とても大切である。

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.