ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

フックの原因は、ハンドダウンを疑ってみよう!

最近、少しフックが出るようになってしまっていた。
本来持ち玉は、ストレートから少しフェード。

フックが出始めることは、自分にとっては悪い兆候。
狙いより左に強い玉が出てしまい、大怪我をするし、
ひどくなると、ひどい引っ掛けも出てゴルフにならなくなる。
フェードを打とうとしても時々逆球が出てしまう。

フックする原因は、いろいろあるが、
ひとつ気をつけるのが、あるクラブだけフックしてしまう時は、スイングのせいではなく、そのクラブに原因があるという事。
(たとえば、アイアンで1本だけフックしてしまう場合はライ角。その他の場合は、ライ角、FP値、重心距離、重心角など。)

今回は、アドレスで少しフェースがかぶり気味になってしまうのでスイングではなくアドレスが原因だと予想。
実は最近、アドレスでスタンスはスクエアなのに肩と腰のラインが左を向いてしまっていて、しっかり振れなくなっていたので、右足のつま先を少し開いたり、右足を少し後ろに引いてクローズスタンスにしたりして調整していた。
そして、しっかり振れる様になってきたらフックが出始めた。

少し、アドレスをオープンに戻すと、フックはおさまるが、テークバックが少し窮屈になってしっかり振れず力ない球になってしまう。
なぜなんだ?
Help Me!!

アドレスして、フェースがかぶらないようにいろいろ試してみる。
肩、腰、膝のライン、右肩を下げる、つま先の向き・・・・。

そして・・・、あれ?
背骨を伸ばして少し上体を起こしてみると・・・。
もしかして、ハンドアップ?



再度上体を少し起こしてハンドアップに構えると、フェースはスクエアに。
そして、そのまま打ってみると、納得のストレートボール。

これだ!

原因は、いつのまにかハンドダウンになってしまっていたと判明。
寄る年波やチェックし忘れると、いつの間にか背筋が丸まってきて前傾が深くなって知らぬ間にハンドダウンになってしまっていた。

フックが出始めたらハンドダウンを疑ってみよう!

そう言えば、結構前にもこんなことがあったような気がする。
自分で作成したスイングチェックシートにも書いたような・・・。
調子が良くなると、全項目チェックしなくなる。
日々これチェック!
ゴルフは、日々の積み重ねが大事だね。


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.