ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/レッスン

ゴルフでの正しい脇の締め方

ゴルフスイングの基本として「脇を締める」とよく言われる。

これは、ボディーターンでスイングするためには非常に大切なことである。

管理人も、コレができるようになって、飛距離も方向性を格段によくなり本当のゴルフスイングを理解した。

なぜ脇を締めなければいけないかというと、それは、脇が開いていると手で振れてしまうからである。

手で振ってしまうと、スイングが安定しないばかりか、手が支点になってしまいボディーターンの背筋を支点にする場合と比べて格段にスイングアークが小さくなりヘッドスピードが落ちて飛ばないのである。

だから脇を締めてボディーターンで打つのが理想である。
(但しそれができるのは、しっかり回る身体能力が必要)

ただ、その脇の締め方も、まちがった締め方をしてしまうと単なる窮屈なスイングになってしまうので注意が必要である。

その間違った脇の締め方とは、アドレスをした状態から脇を締めてしまうことである。

これだと、胸の横に二の腕がくっつく感じで非常に窮屈になりボールポジションも体に近くなる。

これでスイングすると捕まらない弱弱しい玉になってしまう。



では、正しい脇の締め方とは・・・・。

簡単である。

クラブをグリップした状態からクラブを正面に上げ剣道のメンの形をする。
そして両肘を内側に少しくっつける感じで軽く脇を締める。
そして、その状態でクラブを降ろしアドレスする。

これだと、前述の間違った締め方とは違い、二の腕が胸の上に乗る感じになり体も回りやすい。

これが正しい脇を締めた状態である。

そう、脇を締めて、胸をはさんではいけないのである。

一度お試しあれ。


スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.