ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

ハーフショット練習のすすめ

明日、今年の初ラウンド(古河ゴルフリンクス)なので、昨日と一昨日、練習場で120球ずつ打ってきた。

一昨日は、ウェッジからドライバーまで均等に練習。
全番手少しフック気味。
右肩が少し上がりすぎているのが原因と判明し修正。

昨日は、古河ゴルフリンクスのスコアカードを見ながらバーチャルラウンド練習。
十分なストレッチと素振りの後に、本番どおりに1番ホールのパー4を想定しいきなりドライバーから打つ。
ボールのあたりと方向により次の番手と方向を決めて2打目。
グリーに乗ると思われるまでアプローチも打つ。
パターは基本2打なので、パーオンすればそのホールはパー。
3パットはないのが1パットもないのでバーディーも無し。

昨日は、まずまずの調子なので、80台半ばの感じ。

ただ、ドライバーが少し安定しない。
気持ちよく振れてない。打ち急いでる感じ。

そこで腰も少し痛くなってきたので、久々にドライバーでのハーフショットをしてみた。
(アイアンは、よくやる)

感覚的には、150ヤードくらい打つ感じ。
びっくり!
まっすぐいい玉が行く!
シャフトのしなりを感じて、しかも全体重がボールに乗っている感じがわかる。

何球かハーフショットをしていて気がついた。
「飛ばそうと思ってドライバーのスイングリズムが速くなっていた!テークバックをもっとゆっくり!!」

そして、テークバックをゆっくりして通常のショットをするといい玉が!!!

いつも、テークバックをゆっくりしようと気をつけているが、ドライバーはどうしても無意識のうちに飛ばそうとして速くなってしまう。

そこで気がついた。
ドライバーも、アイアンなどと同じに距離を意識して打てばいいかも。
そういえば、昔ドライバーが非常に安定していた時は、「アプローチ、アプローチ」と言って打ってたな・・・。

早速、「230ヤード地点に置く」と思って打つと力みが取れていい玉が行った。

これだ!

今後は、この考え方と、ドライバーもハーフショット練習を毎回やろう!!

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.