ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ
★ Golf Blog/レッスン

腰のラインは、つま先の開き具合で調整

ゴルフのアドレスの基本は、肩と腰のラインを飛球線に平行にする事。

今まで足のかかとのラインも飛球線に平行にしていたが、今日それが正しいとは限らないと気づいた。

というのも足のかかとのラインを飛球線に平行にしても、左右のつま先の開き方で腰のラインが変わってしまうということ。

自分の場合は、以前は両つま先とも飛球線に直角にしていたが最近は右足を直角にして左のつま先を少し開くようにしていた。

考えてみるとそれ以来なぜか、しっくりこなくてテークバックがスムーズではなくなっていた。

そして遅ればせながら今日気づいたのである。

右のつま先を直角にして、左のつま先を開くと、腰も左に開いてしまいテークバックがしっくりこない。

これを調整するには、右足を少し後ろに下げると腰のラインがスクエアになりしっかりボディーターンでテークバックができる。

また。左右のつま先を同じ角度だけ開いても腰のラインがスクエアになりしっくりくる。

右のつま先を開くと、テークバックがインに入り、フックしやすくなるので、右のつま先は直角にしたい。

本当は以前のように、両つま先を直角にしたいのだが、年齢的なこともあり(今年50歳)、少し開いたほうがいいので、今後は右足を少し下げてアドレスしよう。

今度練習場で、この右足を下げるパターンと、両つま先を同じ角度で開くパターンを試してみよう。

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.