ゴルフ情報サイト - ラボゴルフ
ラボゴルフ


★ Golf Blog/ラウンド

きみさらずゴルフリンクス

2カ月ぶりのコンペ。

コースは、前回のコンペ同様、千葉のきみさらずゴルフリンクス。

天気もよく、風もなく、絶好のゴルフ日和。
11月だというのに、後半は半袖でも暑かった。

今日もアイアンは、MP-32を選択。

スタート前の練習。
時間があまりなかったのでかなり急いで打つ。

2-3日前に引っ掛けの原因が、テークバックをインに引きすぎていると気づいてからの初打ち。

この2-3日は、体が結構疲れていたので、筋トレ・打ちっぱなしは休んで、もっぱら部屋の中で、インに引かないテークバックの練習をしていた。

案の定、体はスムーズに回り、ボールは軽いフェード。
少し叩きに行っても引っ掛けることはない。
大正解であった。

引っかけを心配しないと、気持ちよく振れるので楽しい。
この2年間くらいの悩みが解消し、心も晴れやか。

なんと言っても、テークバックの窮屈さがなくなった。
窮屈になった原因が、老化によって可動域が狭くなったのが原因かなと心配していた。
毎日ストレッチなどはしているし、年寄りスイングには、いくつになっても絶対なりたくないと思っていたので安心した。

やはり原因は、3年前程に、距離を伸ばそうと取り組んでいたことが、スイングをフラットなものにして、右手を使った横振りになってしまっていたようだ。

結局、距離は伸びたが、方向性が悪くなり、スコアも落ちてしまったのだ。

ところで、肝心のラウンドだけど、またもやコースにやられた。
ことごとくバンカーにつかまり48、48の96。
コースから「出直して来い」と言われた様な気が・・・。
(でもこれでもなぜかベスグロ。)

スイング修正のせいか、疲れていたせいか、はたまた、ダイナミックゴールドのせいか、飛距離が落ちている。

しかし、ダイナミックゴールドは手強い。
練習後やラウンド後の疲れ方が全然違う。
やっぱり振ってるだけで筋トレの様。
振れる体づくりのため筋トレ強化。

●スコア
・INコース  48(20)
・OUTコース 48(18)
========
 TOTAL   96(38)

●クラブセッティング
・1W/505、4W/キャロウェイ スチールヘッドプラス、5W、7W/キャロウェイX FW スチールシャフト 4i~PW/MP-32、ウェッジ/ミズノMP-R 52、58、パター/ダンロップ

●反省
・引っ掛けの修正ができたが、飛距離が落ちているので、テークバックをインに引かずに7iで155Yのスイングの模索&体作りをしよう。ここのような上からグリーンを狙わなければいけないコースでは、ある程度の飛距離は大切。
・ロングパターの距離感イマイチ。

●次回練習課題
・スイングのアップライト化。腰からの切り替えし。
・左手スイングの意識。上から見た手首の軌道が後方まっすぐに、そしてひじを伸ばす。
・アイアンゆったりした縦振り。
・FW ドライバーゆったりした横振りの意識。ただし背骨からの角度は全スイング変えない。前傾の角度で調整。
・パター 「強く」ではなく「大きく」打つ練習。 フォローで力加減を調整しない。パターが少し軽く感じるので、少しだけ鉛を貼って調節。

スポンサーリンク
ゴルフ用品売れ筋ランキングBest3 ベスト20はコチラ
スポンサーリンク
お問い合わせ ご利用規約
Copyright (c) 2014-2018 ラボゴルフ(Lab-Golf) All Rights Reserved.